こんにちは。高橋由奈です。

今回は、ゆうパックの宛名印字サービス
の利用方法
についてご紹介します。

ゆうパックの宛名印字サービスを おすすめする理由

ラベルに記入する少しの時間でも削減することで、
その時間を他のビジネスに当てられたり自分の時間に出来たりします。
書き間違いなども無くなりますし、是非オススメのサービスです。

私は、仕入れをした商品をAmazonのFBA倉庫に送る際に
ゆうパックを主に利用しています。

後納契約をしていて、荷物一個あたりの単価が他の方法で送るよりも安いのと、
ヤマトや佐川を使うのと同等か、
それよりも早いくらいのスピードで納品が完了するためです。
後納契約の方法につきましては別の記事で解説していますので、ご参照くださいね。)

安くて、早いからゆうパック でもラベル記入が面倒でした・・・。

毎週2~3回。その度1~3箱は納品するので、ラベルを記入するのがとても面倒でした。
ゆうパックの場合、荷物一個ごとにラベルが必要になるので
余計に、です。

「ゆうパックプリントR」も便利です。でも・・・。

ゆうパックのラベルを家庭で印刷するサービスに
日本郵便の「ゆうパックプリントR」というものがあります。

raberu_4

このサービスは、同一の住所から別の宛先に対して複数個の発送がある場合には
とても便利なサービスで、Amazonのデータも反映できるので
私もメディアの自己発送の際にはよく利用するサービスなのですが、
特定の宛先に対しての伝票の作成にはあまり向かないサービスです。
(「ゆうパックプリントR」についての利用方法なども別記事で解説しますので
 是非ご参考にしてください。)

ラベル印字サービスを教えて頂きました

そんなとき、郵便局に相談して教えて頂いたのが

ゆうパック ラベル印字サービス でした。

郵便局の窓口で「ラベル印字をお願いしたいです」と申し出ると
このような用紙を渡されます。

raberu_2

この用紙に必要事項を記入して提出すれば、
数日後に印字伝票が届きます。
届き方は、私の場合
配達の方が直接届けてくださったり、
ポストに入っていたり、
窓口に別件で伺った際に渡されたり、色々です。

最近は、この用紙では無く

raberu_1

このような普通のゆうパックラベルに宛先と依頼主を記入して
窓口に提出する方法でも良いそうです。

ラベル印字にかかる期間は2~5日です

3日位でこのように印字伝票が出来上がりました。

raberu_3

FBAの倉庫が宛先に印字されているものと、
依頼主だけ印字の2パターンです。

最低注文数が50枚~などと決められている郵便局もあるようなのですが、
私は特に指定されず、20枚、30枚単位でもお願いしています。

これでラベル記入の手間が大幅に削減されますし、
もちろん無料のサービスなので、
是非利用してみてくださいね。

細かいところからどんどん時短していきましょう。