こんにちは。高橋由奈です。

fba

今回は、Amazonせどりを行うにあたって知っておかなければならない
「FBA」について紹介していきたいと思います。

FBAとは?

そもそもFBAとは何かというところからですが、
「FBA」は「フルフィルメント by Amazon」の略であり、
Amazonが出品者に対して提供しているサービスです。

自分が出品したい商品を、AmazonのFBA倉庫に送付し納品しておくことで、
本来であれば出品者側が行う受注の管理や、商品の発送、
出荷後のアフターフォローをAmazonが代行してくれる
というものです。

これにより、わたしたち一個人が出品する商品でありながら、
購入者側からみるとAmazon.co.jpが販売する商品と同じようなサービスレベルになる
のです。

FBAは費用対効果の高い、積極的に使うべきサービスです

先に結論からになってしまいますが
FBAは費用対効果の高い、積極的に使うべきサービスです。

以下で、FBAの利用のメリットとデメリットについて説明していきますね

FBAの利用のメリットとデメリット

メリット

ではメリットから

①24時間体制でAmazonが出荷や返品の対応をしてくれる。

FBAの倉庫に商品を納品さえしておけば、
その後の商品の保管や発送、返品の対応などの作業をAmazonが行ってくれます。

受注した商品は365日24時間体制でAmazonが迅速に発送してくれるので、
安心して旅行にだって行けますし、常に受注状況を確認する必要がなくなります。

②購入者がAmazon配送オプションを選ぶことができる

FBAを利用することで、お客様はあなたの商品でも
Amazon直販の商品と同じように
プライム会員向けの当日お急ぎ便や、コンビニ受け取りなどができる
ようになります。

そんな速配ニーズのある購入者を取り込むことができるようになり
結果として、購入率の向上に繋がるのです。

③保管リスクや保管スペースが必要なくなる

仕入れた商品は、ある程度まとまったことろでFBA倉庫に送ってしまうため、
たくさんある出品商品の保管場所を自分で用意する必要がありません

倉庫内で商品は24時間体制で警備されており、
温度や気候も管理
されているので、
紛失や盗難、商品の劣化等のリスクが大幅に減少します。
 ※万が一紛失や盗難、倉庫内での破損があった場合はAmazonから補填されます。

④購入率が高まる

Amazonが行った調査の結果で、FBAを利用した約9割の人が
FBAを利用後、売上が上がった」と答えているというデータがあります。

理由としては上のメリットが挙げられるほか、
ショッピングカートを獲得できる確率が高まる
というのが売り上げが上がる大きな要因です。
 ※「ショッピングカート」につきましては、また別記事で解説します。

デメリット

次に、デメリットです。

①各種手数料がかかる

FBAを利用すると、Amazonの手数料とは別にFBA手数料がかかります。

保管料もかかりますし、倉庫からの返送や、所有権の放棄にも手数料がかかるため、
めったに売れないような商品をFBA倉庫に送ってしまうと、
思わぬ出費になる可能性があります。

②商品の状態を確認できない

商品を倉庫に送ってしまうので、後から商品の状態を確認しようと思ってもできません。

一度納品されてしまうと、返送をかけない限りコンディションの変更もできないので、
コンディションの設定には気をつけましょう。

③出品が反映されるまで数日かかる

FBA倉庫に商品が届き、商品が受領されるまで
商品の販売ページに自分の商品は表示されません。

だから、今すぐ売りたい商品、例えば販売直後の商品などを
売りたい場合にはFBAを使わないほうがいいこともあります。

いかがだったでしょうか。
逆に言えば、FBA手数料含みの利益が期待できて
数日出品が遅くなっても大丈夫、と思われる商品の場合は
登録時のコンディションさえ気をつけておけばFBAのメリットを享受できるという訳です。

本気でせどりで稼いでいくために、FBAを積極的に使っていくことをオススメします!

ではでは。