こんにちは。高橋由奈です。
今回はAmazonにおける大口出品と小口出品の違いについてご説明します。

最初に言ってしまいますが、
ビジネスで利用しようと思うなら、大口出品にすべきです。

大口出品と小口出品、それぞれの違い

Amazon販売を始めようと思い、アカウント登録画面に行くと、
大口出品か、小口出品かを選択する画面が出てきます。
(※変更はいつでも可能です。)
amazon%e5%87%ba%e5%93%81%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e7%99%bb%e9%8c%b21

それぞれの違いですが、

Amazonに判り易い画像がありましたので、こちらを見てください。

ooguti1ooguti2

大口出品でしか取り扱えない商品ジャンルがある

大口出品の方が、出品できるカテゴリーの選択肢が断然多いですよね。

そして私がオススメしたい出品商品のカテゴリーも
この大口出品でしか扱えないジャンルに多くあります

出品許可を申請する必要がありますが、
ファッションやコスメ、ドラッグストアなどの出品ができるのも大口出品だけです。

これらのカテゴリの商品は販売の回転スピードが早いのが特徴で、
売り上げがぐんぐん伸びますよ。

販売コストが安くなる

コスト面だけ言っても断然大口出品がおすすめです。

実は、小口出品は月の販売数が少ない方向けのプランになっていて
一回商品が売れる毎に、基本成約料というものが100円かかってきます。

月ごとの利用料4900円が無料になる代わりに、ひとつ売れるたびに100円かかってしまうんですね。
月間49個以上売るなら(というか、心配せずとも売れますので)小口を選ぶ理由はないです。

支払い手段が増え顧客に選ばれやすくなる

あとは、大口出品はコンビニ払いや代引きといった相手の支払い項目が増えていきます。
ここもお客様側からすると便利で買われる理由(=販売数アップ=利益増)
になってきますね。

カート取得が可能になる

それと上の表には書かれていないのですが、
Amazonのショッピングカートは、大口出品者しか取得できないという隠れたルールがあります。

カートが取れる、取れないでは販売数に雲泥の差がでると思って頂いて結構です。
公表されていませんが、私や知人の経験からも

アマゾンは販売数や販売者への購入者からの評価件数など
実績の高い販売者を重視し、更にカート取得率を高める施策をとっています。

そのため、大口出品で実績を積まないとビジネス(として勝負)になりません

なお、ショッピングカートについてはこちらの記事でご説明しています。
あわせてご覧ください。

大口出品のメリット まとめ

Amazonでビジネスをするなら絶対に大口出品です。

  1. 扱える商品カテゴリーが増える
  2. 販売コストが安くなる(商品販売数×手数料100円 > 月額4900円)
  3. 販売数が増える
    1. お客様にとっての支払い手段が増え、買われやすくなる
    2. カートが取れる

    是非、大口出品で登録して
    あなたのビジネスを大きくしていってくださいね。

    それでは。