こんにちは。高橋由奈です。

今回はAmazonで商品を販売する上で非常に重要な
「ショッピングカート」についての説明です。

Amazonではショッピングカートというシステムがあり、
そのカートを出品者が取得する事が出来ます

ショッピングカートを取得することで様々なメリットがあるので
順に解説していきます。

ショッピングカートとは?

ショッピングカートとは、簡単に言ってしまえば
Amazonの商品ページの中央に『ドーン』と自分の出品商品が表示される(陣取る)こと
を言います。

行列店の商品だなの最前列に自分の商品が置かれる感覚に近い

行列が絶えず、集客力が尋常ではないお店(例えばデ○ズニーのお土産屋さん)の陳列棚の一番前に
自分の商品を並べるようなイメージと考えていただくと
如何にこれが売れやすい状況か、お判りいただけるのではないでしょうか。

「この商品は、〇〇が販売し、Amazon.co,jpが発送します」
と表示され、この「〇〇」には自分のショップ名が載ります

ka-to2

これはAmazonの商品ページです。
この商品が欲しいと思ってAmazonに行った普通の方は、
赤枠の商品価格を見て、ああ、この商品は5980円なんだな。と
右側の「カートに入れる」をクリックするだけでお買い物終了です。

Amazonショッピングカート価格は最安値より高くても売れる

でも、ここを見てください。

ka-to3

この商品には、3888円で販売しているセラーも居るんです。

「新品の商品」というこの青色のリンクをクリックしてみましょう。

ka-to4

3888円+送料が、何件か並んでいる下に
「プライム」と書かれた5980円がいます。

この、5980円の販売者が「カートを取得している」状態なんです。

画像を見ると、最安値が3888円+送料ですが、カートを取得しているのは5980円です。

FBA出品者がカート取得率上、優遇される仕組みになっている

なぜかと言いますと、
基本的にはFBA出品している出品者の方が、カートを取得する優先度が高いからです。

ちなみに、上記の赤枠の部分でプライムと書いてあって
「Amazon.co.jp配送センターより発送され・・・」と表示があるのがFBA出品者
です。

お店に全く同じ状態の商品がいくつか並んでいたら、
普通は一番安い物を購入すると思います。

でもAmazonでは、先ほどの商品ページの価格しか見ない人が多いので
最安値の出品者より高い値段でもカートが取得できれば
その値段で売れてしまう
んです。

ショッピングカートを取得するには?

そうなると、ぜひショッピングカートを取得したいと考えると思いますが
ショッピングカート取得にはいくつか条件があります。

ka-to5

check_iconAmazonが公にしているカート取得の条件

☑注文不良率:購入者からの評価、保証申請やチャージバック申請率から計算
クレームがあるかどうか、注文に対してしっかり対応できているか。
というところから算出するという事です。

☑その他の出品者のパフォーマンスの指標
円滑に作業できているかということを、数値に置き換え計算しているという事です。

☑配送スピード等、商品と共に購入者に提供されるショッピング体験全般
上と似たようなもので、どれくらい問題なく作業を行っているかを数値にして計算しています。

☑Amazon.co.jpに出品している期間や取引数
とありますが、まだそれほど取引期間がなくても実はカートは取る事は出来るんです。

☑出品形態が「大口出品」であるかどうか
大口出品者でないとカートは取れないという事です。
 ※大口出品、小口出品についてはまた別記事で詳しく解説しますね。

以上がAmazonの「ショッピングカート」の説明になります。

売り上げアップのために、取得要件を満たして、是非カートを取得しましょうね。

それでは。