こんにちは。高橋由奈です。

今回は、Amazonで物販をする上でとても重要な、利益を瞬時に計算できるツールをご紹介します。

Amazonで販売すると、様々な手数料がかかります。

Amazonで販売する上では、様々な手数料をAmazonに支払う必要があります。

販売手数料カテゴリー成約料出荷作業手数料
FBAを利用する場合だったら月次の保管手数料などなど。

また、大口出品か、小口出品かによっても手数料は変わってくるのですが
ビジネスをするなら絶対に大口出品をオススメします、とコチラの記事でも書きましたので
今回は大口出品を前提にお話させて頂きますね。

手数料の計算は煩雑なんです。

販売手数料だけを見ても、商品カテゴリーごとに手数料率は様々です。
下の画像は、Amazonのページから持ってきたものですが、カテゴリーでこれだけ違うんです。

fba%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a51

fba%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a52

これらの手数料を全て暗記して、仕入れの際に計算するのはとても大変ですよね。

かといって、どんぶり勘定で仕入れをしていたら
仕入額とAmazon販売価格の差はあったのに、利益としてはほとんど残らなかったという
ビジネスとしては到底いただけない結果になってしまいかねません。

そういったときにとても役に立つのが
Amazonが公開していいる無料の利益計算ツール

FBA料金シミュレーター

です。
リンクはこちらからどうぞ。

実際にFBA料金シミュレーターを使ってみましょう。

上のリンクを開くと、こちらのページになります。

fba%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a53

商品名や型番、JANコードやASINで検索。

赤枠で囲んだ部分が検索窓。

fba%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a54

この検索窓に、商品名や型番、JAN(EAN)コード、ASINなどを入力して「検索」ボタンをクリックします。

JANコードやASINに関しましては、モノレートの解説ページなどで説明していますので
そちらをご覧ください。

では。実際に商品を見てみましょう。

%e3%83%a2%e3%83%8e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e8%a7%a3%e8%aa%ac%e7%94%a83

この、SONYのウォークマンです。

fba%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a55

今回は型番で検索してみました。

関連商品が出てきたら、自分が調べたい商品を選択。

fba%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a56

関連商品が出てくる場合がありますので、自分が調べたい商品の「選択」ボタンをクリックします。

fba%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a57

そうすると、この画面が出ます。

赤枠で囲んだFBA発送の場合の利益額と、
青枠で囲んだ自己発送の場合の利益額がそれぞれ計算できます。

fba%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a58

両方に数値を入れて比べるといった利用方法も出来ますが、

主に使うのは赤枠の、FBA発送の場合に利益がいくらになるかという計算なので
そちらを説明します。

商品代金を入力。納品時の配送料か出荷準備費用どちらかに仕入れ値を入力して計算。

fba%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a59

この商品のカート価格は13347円でしたので、その値段で売れるとして、
①に13347と入力します。

そして例えばこの商品を8000円で仕入れられた場合。
②のどちらかに8000と入力して「計算」をクリックします。

そうすると、下のように結果が出ます。

fba%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a510

販売価格から、仕入れ代金と、色々な手数料が引かれた上で
手元に残るのが3941円だということがわかります。

利益額が分かったら、利益率も計算しましょう。

ちなみにこの商品の場合、利益率は約29.5%になります。

利益率の計算方法。

利益率の計算方法は、
計上額(利益額)÷商品代金(販売額)です。

この商品の場合の計算は 3941÷13347=0.29527235…… ですので
29.5%になるわけです。

たまーにメルマガなどで、「この商品の利益率はよゆーの100%超えです!」
とか書いているものがありますが、そんなのは有り得ません^^;

100円で仕入れた商品を10000円で販売できたとしても、
利益率は99%ですから(諸々の手数料を考えなかった場合)。

まとめ。

ビジネスをする上で一番大切なのは「利益」です。
利益なくしてビジネスは成り立ちません。

その利益計算をきっちりとやることが、あなたのビジネスの健全化に繋がります。

今回ご紹介したこのツールを使いこなして、ビジネスを進めていってくださいね。


では、また別の記事で。