pixta_7830982_M

こんにちは、高橋由奈です。

バンドワゴン効果とは?日本人は特に流行に流されやすい

「バンドワゴン効果」という言葉、聞いたことありますか?

ある選択を支持する人が多ければ多いほど、
その選択が正しいと思い込むようになるという心理現象のことで

マーケティングや、選挙などでも使われています。

今回はこのバンドワゴン効果について解説します。

バンドワゴン効果とは

バンドワゴン効果とは、
アメリカの経済学者ハーヴェイ・ライベンシュタイン(Harvey Leibenstein)
が提唱した
群衆心理における同調現象の1つです。

バンドワゴンとは、パレードの先頭を行く楽隊車のことで、
「バンドワゴンに乗る」とは、
「時流に乗る」「勝ち馬に乗る」「多勢に与する」という意味があります。

バンドワゴン効果の背景には、

個人の判断よりも集団の決定が正しい
あるいは多くの人が支持しているものは良いはずだという
思い込みによる同調現象
があります。

これらによって、購買行動に繋がるわけなのです。

バンドワゴン効果の例

Print

バンドワゴン効果をわかりやすく
例にとって説明してみましょう。

たとえば、2件並んでラーメン屋さんがあったとします。

片方のお店に行列が出来ていて、
もう一方のお店はガラガラだとしたら、

多くの人は
「行列ができているお店のラーメンの方がおいしい」
と判断してしまう
んです。

あとはデパ地下の食品売り場で
まったく買う予定の無かったスイーツなのに
行列していたから自分も買ってしまった。

そんなのもバンドワゴン効果です。

実際に食べたことがなくても
「みんなが食べている(欲しがっている)から美味しいに間違いない」
と考えます。

「多くの人が良いと評価するものは良いに違いない」
と安心感が増加するのです。

他には、
「あのドラマ面白かったよね」「最近これ流行ってるよね」
と友人達の中で話題になっていることがあると、
「自分もその流行にのろうかな」という心理が働き、
見ていなかったドラマを見始めたり
今までやったことのないものを始めたりします。

バンドワゴン効果は日本人に効果的な手法

日本人は特に流行ものに弱いので、

みんながやっている=それなら安心
みんなが持っている=自分も欲しい

と考える傾向が強いです。

だから余計に行列もできやすいと言えます。

古くはたまごっち
ちょっと前の妖怪ウォッチなどの現象を思い出してもらうと
わかりやすいと思います。

一時はニュースで取り上げられるくらいの騒ぎになりましたよね。

ビジネスにおけるバンドワゴン効果の使い方

では、ビジネスにおいて
このバンドワゴン効果をどのように使うと効果的なのでしょう。

よく目にするのは

「○○部門第一位!」
「口コミ高評価!」
「5秒に1人が申し込んでいます」

など、
多くの人が使っています、買っています
というアピールをする
ことで
「この商品を買うのが普通」という印象を与え、
購入につなげる使い方です。

通販番組で、申し込み数をテロップで表示して
「ただいま申し込みが殺到しています!ご注文はお早めに!」
と注文を促している番組がありますが、あれも同じ。

また、インターネットショップで
「注文はお早めに。残り○点」と表示されるのも
同じ効果があります。

「こんなに沢山の購入者がいる」と示すことで
商品に対する安心感を与え、購入を促す、
という狙いがあるんですね。

購入率や売上に直結する、非常に効果的な働きをするのが
「バンドワゴン効果」です。

ですから、あなたが何かをセールスするとき、
「みんなが使っている、買っている」
「今流行っている、これから流行る」
というアピールができれば、売上につながるんです。

まずはバンドワゴン効果を理解し、
マーケティングなどのビジネスシーンで活かしてみてください。


では、また別の記事で。