こんにちは。高橋由奈です。

先日こんなことがありました。
お客様からご予約頂いていた商品を、納入当日の午前中に発送完了させたんです。

でも、2日経っても追跡の結果は「引受」のまま。

お客様からは「いつ届きますか?」と問い合わせが来るし、
「なんで反映されないんだろう」って思って調べてみました。

追跡番号がなかなか反映されない。
「引受」のまま進まない。
心配ですよね。
そんなあなたに是非読んでいただきたい記事です。

クリックポスト。低価格で追跡付きの便利なサービスです。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%83%88-jpg

クリックポストは、日本郵政が平成26年6月から始めた
比較的新しい配達サービスです。

そのためまだそれほど一般的では無いかもしれません。

サービスの概要としては

☑日本全国一律164円

☑大きさは34cm×25cm×3cmまで

☑重さは1キロまで

☑ポスト投函OK

☑土日、祝日も配達あり

☑追跡サービスあり

☑お届け先のポスト投函で配達完了(手渡しではない)

☑信書、現金など、禁止商品あり

☑損害補償なし

低価格で送れて、追跡サービスが付くので
とても便利なサービスです。

私も、自己発送の際に良く使っています。

そんなクリックポストですが、
私が今回直面した「追跡番号が反映されない」っていう状態。
調べてみたら、結構多くの人が困っていることだったんです。

何故?クリックポストの追跡番号が反映されない理由

クリックポストの追跡番号が反映されるのは

クリックポストのラベルに付いているバーコードを
郵便局の職員さんが読み取ったときだそうです。

なので、ポストに差出した場合は
集配されて→中央局に運ばれて→送付先ごとにまとめられるタイミンクで
ピッっとされる場合が多いとのこと。

なので差し出した時間が午前中でも
そのポストの集配時間によっては
夜になっても反映されないっていうこと、よくあるみたいです。

ポストではなく、郵便局窓口から出しましたけど?という場合でも
郵便局によってはあとからまとめて入力するところもあるようです。

また、稀な話ですが
バーコードの読み取りは職員さんの手作業のところもあるので
「入力漏れ」もあったりするみたい。

このような場合でも、
追跡番号上では反映されていないけれど配達はされているので
「引受」の状態を通り越して、「到着」の記載になったりします。

あと、ラベルのベーコートが読み取れない状態になってしまっていたり
規定サイズを超えていたりして返送になってしまっている場合もあります。

私も以前、一度だけこの返送になってしまったことがあって。
その時はラベル印刷の時にプリンターのインクがスレてしまっていたのに
気がつかずに送ってしまっていたんです。
それ以降は注意して、ラベルのバーコードとQRコードが潰れていないか
さっと確認するようにしています。

「引受」はされたのにその先に進まない?追跡が進まない理由

さて。「引受」をされたことを確認して
ホッとしていたのに、そこから一向に先の状態にならない。

なんで?私が送った荷物は今どこにあるの??

クリックポストの追跡サービスで多い不満だそうです。

私が先日直面したのもこの状態。

送った側も、受け取る側も不安になってしまいすよね。

実は、クリックポストの追跡って
・引受
・配達郵便局に到着
・お届け先にお届け済み

の、3箇所の記載しかしてくれないんです。
お届けの前、不在のために持ち帰りとか、持ち出し中とかは分かりますけど
配達郵便局に到着するまでは、基本何の記載もありません。

通常、同一県内だったら翌日
ちょっと遠いところでも翌々日の配送になるので
それを過ぎても「引受」のままなら、いちど問い合わせてみるのも良いかもしれません。

郵便局には「お客様サービス相談センター」というのがあって
0120-2328-86。携帯からなら0570-046-666
で受付してくれるのですが、
実はこの番号、私は繋がったためしがありません^^;

いっつも「電話が混み合っています。あとでお掛け直しください」ってアナウンスが流れて
電話が切られちゃうんですよねー。
一般企業の問い合わせ等では混み合ってる時って保留のアナウンスが流れて
オペレーターさんが空き次第順次繋いでくれるんですけど
そのシステムですらない・・・。

無駄にイライラするだけなので、私は引受の郵便局に問い合わせています。

まとめ

低価格で追跡付きの便利なサービスのクリックポスト。
低価格故なのか、使いにくいと思うときは時々ありますが

それでもヤマト運輸のメール便が廃止された現在、
便利なサービスであることは確かです。

ただ、実感として、ゆうパックや宅急便などに比べて
配達速度や追跡サービスの細かさで劣るのは事実です。
送る品物や送り先に合わせて、臨機応変に使いこなせたら良いですね。

私が今回直面した「引受のまま」事件。

お待たせしてしまったお客様には、ご注文いただいた商品関連のささやかなお品を
お詫びとして後送させて頂きました。

コストとスピードのバランスを考えて、最適な発送方法でお届けできるのが理想ですね。

いい勉強になりました。

ちなみに、今回数十件の自己発送をしてわかった結果は
関東圏から午前中に差出しをして、関東圏内、北陸くらいなら翌日。
東海、近畿、東北、四国は翌々日の到着でした。

ご参考にしてください。

ではまた次の記事で。