Community Casual People Communication Friendship Concept
こんにちは。高橋由奈です。

ネットビジネスでの成功を支えてくれるのが、コミュニティ

インターネットビジネスって、基本的に
お家で(カフェとかでも出来ますが)PCに向かって
一人でやる作業が多いです。

だから、いつ、何をやっても自由だけれど
その分壁にぶつかった時に

立ち止まってしまいやすかったり、
挫折してしまいやすかったりするんです。

ネットビジネスは、一人コツコツと積み上げる作業が多い

インターネットビジネスは
どちらかと言うと、集団で作業をするというより
一人でコツコツと積み上げるお仕事が多いです。

私も、インターネットビジネスを初めた当初は、
PCスキル0でPCやキーボードとにらめっこ状態になっており
思うような成果も出せておらず、

「このままで良いのかな」という
〔不安との戦い〕でもありました。

ネットビジネスのような一人作業が続くビジネスでは
〔初心者の時、成果を出す前の段階が
最も挫折しやすい時期〕
です。

そんな一人作業を強力に支えてくれるのが、コミュニティの仲間や先生

こんな時、力になってくれたのが、
同じ道で頑張っている〔仲間の存在〕であり、〔先生〕の存在
でした。
一人作業を強力に支えてくれるのが、コミュニティの仲間や先生

参考記事 先生を持つメリット

同じ苦労をしている人達との交流は、
一人でやっているビジネスの孤独感を吹き飛ばし、
壁にぶつかった時にはコツを教えてくれて、

挫折なく、どんどん前に進める状態にしてくれたんです。
そして、モチベーションも上げてくれたんです。

私もこいういったお付き合いがなければ、
道半ば(というかほぼスタートライン)で
挫折していたかもしれません。

ネットビジネスを始めて間もない人ほど、
こういったコミュニティに入ることや、
先生を持つことは重要
だと思います。

コミュニティ選びはとっても大切

もちろんどんなコミュニティでも、
とりあえず所属すれば良いというわけではありません。

オンラインでもオフラインでも構いませんが、
「あなたのプラスになる」コミュニティじゃないといけないんです。

例えば、
参加者がグチや不満を言うようなコミュニティは
モチベーションを下げるだけ
ですよね。

そんな悪影響を与えるられてしまうコミュニティは
あなたのヤル気どころか、実績にも悪影響が出ます。

それなら入らないほうがマシ。

逆に、優れたコミュニティは参加者のスキルを底上げしてくれます。 

お互いが仲間であり、ライバルでもありますから、
いろいろな情報をシェアして高め合う、そんなコミュニティが理想です

大事なのは、あなたも積極的に発言することです。
ただのいち傍観者でいては、成長のスピードも遅くなってしまいます。

私が物販を初めた当初に入っていたコミュニティは
発言をする人ほど収入が伸びていったという面白い現象がありました。

学びを教えることで、本物のスキルが身につく!

コミュニティでの発言は以下の〔つもり〕を超えるためにも有効です。
コミュニティに属し、誰かに教えることで、本物のスキルを身につけられるということですね。

本物の理解、スキルのためには『つもり』の壁を複数回超える必要がある

『知っているつもり』
(だけど話そうとすると「なんだっけ?」。知らなかったと気づく。)

知っている

『理解しているつもり』
(だけど教えようとすると、上手に教えられず、理解の浅さに気づく)

理解している

『出来るつもり』
(だけど実際やろうとすると、スムーズに動けない。実は出来ていない自分に気づく。)

出来る=スキル習得

ネットを介し教えることで、情報発信スキルも身につく!

ネットを介し教えることで、情報発信スキルも身につく!

日頃、このようなネットを介して人に教える練習をコミュニティで積んでおくと、
情報発信ビジネスのスキルが身につきます。

この人は何で困り、つまづいているんだろう。
おそらく、この部分かな・・・。

と相手の状況や悩みをイメージしながら、
そっと相手に寄り添い、聞いてあげたり、こんな方法もありますよ
と教えてあげる。

こういったことを繰り返すうちに、
顔の見えない画面越しの相手の方に、きちんと伝わるメッセージが発信できる

ブログやメルマガ、SNSでの情報発信が上手になっていきます。

コミュニティは、トップで決めよう

コミュニティ選びは、
まずそこのトップで決めましょう

良いトップの作るコミュニティには、
自然と質の良いメンバーが集ってきます。

不思議なことなのですが、
マイナス要素になるメンバーは、自然と居なくなってしまうんです。
居心地が悪くなってしまうのでしょうか。

自分と近い境遇の人の多いコミュニティの方が入りやすいと思いますが、
ぜんぜん違う層の人がいるコミュニティも貴重です。

違う視点を持った人の考えは、
時にあなたの悩みを思いもよらない方向から解決してくれたりするんです。

ただし、中心となるトップとは、
あまり年齢や境遇が離れていない方が良いですね。
また、あなたが目指す理想に近い人を選ぶことがコツです。

ご参考にしてみて下さい。
それでは、また。