こんにちは。高橋由奈です。

マズローの欲求5段階説はご存知でしょうか?

心理学者、アブラハム・マズローが、
ピラミッド型の図で、人間の欲求を5階層に分けた自己実現理論です。

これは、自己実現に向かって、
人間が成長する過程を表したものです。

今回は、マズローの欲求5段階説を図を使って
解説していきたいと思います。

マズローの欲求5段階説とは

欲求は満たされることがない?

欲求というのは、例えひとつが満たされたとしても、
また次の欲求が湧き上がってくるものです。

例えば、今、住むところもなく、
食べることにさえ困っていたとします。

そんなときの第一の欲求は、
もちろん食欲を満たすことでしょう。

しかし、その欲求が満たされ、
食べることに困らなくなった時。

次の満たされない欲求が、あなたの中に芽生えてくるのです。

例えば、

「食べることには困らなくなったが、
雨風をしのげる家が欲しい」

そんな風に思い始める訳です。

こういった、欲求が段階的に出現してくる自己実現理論を、
マズローの欲求5段階説と言います。

マズローの欲求5段階説の図

マズロー1

マズローの欲求5段階説は、上の図のように、
人間の原始的欲求(生理的欲求)を底辺として、
それが満たされると階層を登っていくとされています。

では、それぞれの階層の欲求とは、どういうものなのか?

解説していきますね。

マズローの欲求5段階説【第1段階:生理的欲求】

人が生きるための生理現象を満たされるべき最低限の欲求です。
食事や睡眠、排泄など、
人の命の根源が満たされていない場合に生じる欲求です。

いわゆる「生きるか死ぬか」の段階ですね。

今の日本では生理的欲求が満たされていない人は少ないと言えますが
生理的欲求は人間の最も動物的な欲求であるからこそ
深くて重要な欲求です。

マズローの欲求5段階説【第2段階:安全欲求】

生理的欲求がある程度満たされて、食べる物や眠ることに不自由しなくなったとしても

その次は、自分の生活を安定させたいという
一般的な人間としてのごく自然な欲求が生じてきます。

生理的欲求が発生する状態に陥らないように望む欲求
とも言えます。

マズローの欲求5段階説【第3段階:社会的欲求】

安全欲求が満たされたとしても、人は急に孤独を感じたり、
誰かと一緒にいたい、仲間・恋人が欲しいと思ったりします。

人はずっと一人で生きていけるような強い生き物ではありません。

原始の頃から人間は仲間同士で群れを作ってきましたし、
その後はよりその群れを大きくしていき、
長年の歴史を経て今の「国」のような
大きな人の集まりを形作ってきたのです。

このように歴史的に見ても人は必ず群れを作る生き物ですし、
生物学的に見ても証明されてきていることです。

また、人は異性を求めて恋人を作ったり、家族を作ったりしようとします。

孤独を感じれば、同じ目的意識を持つサークルや、コミュニティに属したい
と思うのは自然な欲求であって、そう思うのはこの社会的欲求が原因なのです。



ここまでは「外的欲求」と呼ばれるものです。

次からは、「内的欲求」というより高度な欲求になります。

マズローの欲求5段階説【第4段階:尊厳欲求】

他人や社会から認められたいという欲求です。

仲間の中で特別視されたい。
認められたい、という欲求です。

例えば、
会社の中で昇進したい、
良い大学に入りたい、
人が羨むような資格がほしい、
高級車や立派な家が欲しいというような欲求です。

これらの欲求を承認欲求と言います。

社会的欲求が満たされたのでなら、
その後に出てくるのは、
その帰属の中で尊敬されたい、認められたいという欲求で、

この承認欲求は人間としてごくごく自然な欲求と言えます。
(何かに帰属しないとその中で称賛されたいという欲求は生じません)

この尊厳欲求が満たされないと、
人は劣等感や無力感を感じるようになると言われています。

マズローの欲求5段階説【第5段階:自己実現欲求】

一般的には最上位と言われている欲求が
この自己実現欲求です。

「自己実現」とは自己の人格を発展させるためのものを言います。

社会的に成功を収めた方が、
自分がどこまで出来るか試してみたい、自分の限界に挑戦してみたい
などと考える欲求がこれにあたります。

例えば、
1000万円稼いだ人が一億、一億円を稼いだ人が十億円を稼げるか挑戦してみたり、
政治家になった人が総理大臣を目指したいなど。

自分の能力や可能性を試してみたい、という欲求があたります。

この欲求は人によって様々です。

物的な豊かさを満たしたいという思いだけから来るのではなく、

プライドや向上心が高く、
その業種のトップを目指したという、
チャレンジ精神に溢れ、一流になる人が抱きやすい欲求でもあります。

自尊心も他人からの尊敬も満たされていて
自分の才能や、更なる可能性を追求する段階です。

自己実現欲求の先にあるもの

【第6段階:自己超越欲求】

本来、マズローの欲求段階説は「5段階欲求説」で広く知られていますが、
実はマズローの欲求段階説には「6段階目」があるのです。

この6段階目はマズローが晩年、新たに発表した段階に位置する欲求であって、

他人からの見返りを求めない高尚なステージで、
自我を超え国やコミュニティの為に何らかの目的を達成しようという欲求です。

つまり、
「自己のためではなく、他者を豊かにしたい欲求」
ということですね。

マズローによると、この段階に達しているのは全人口の2%ほどだそうです。

マザーテレサが貧困や病気に苦しむ人達の救済活動に生涯を捧げたような、
見返りのない慈善的な欲求がこの自己超越欲求にあたります。

マズローの欲求5段階説をビジネスに活用する方法

この、マズローの欲求5段階説は
ビジネスにも大いに活用できます。

ターゲットがどの段階にいるかを考えることで、
薦めるものがより明確化するのです。

例えば、社会的欲求から上の段階にいる人には
物質的な欲求は満たされているので
「モノ」を売ろうとしてもなかなか売れません。

そういう場合は、「○○できる方法」などの情報を有償で提供する、という方が
よりビジネスとして成り立つわけです。



お客さんがどの欲求を抱いているかを明確に理解しないと、
どんなに商品を勧めても、的外れになる可能性があります。

そうならないためにも、マズローの欲求5段階説を念頭に置きつつ、
正しいターゲティングで
反応のとれるビジネスを行なっていきましょう。

では、また。