Shopping Online Shopaholics E-Commerce E-Shopping Concept

こんにちは。高橋由奈です。

私は今、インターネットの物販ビジネスで
主にAmazonに出品をして
月収50万円以上を稼いでいます。

Amazonに出品するというのは、Amazon内に自分の店を持つという
モール型ネットショップなのですが

インターネットの物販ビジネスには
独自ネットショップを立ち上げて、そこで商品を売っていくという形もあります。

今回はそれぞれのメリットとデメリットについてお話しますね。

モール型サイトに出店すべきか、独自でネットショップを起ち上げるべきか?

「モール型サイトに出店すべきか、
独自でネットショップを起ち上げるべきか?」

インターネットで物販ビジネスを始めようと思った時に
まずはこの選択を迫られます。

モール型サイトの代表的なものは
Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング。

そして独自ネットショップだと
BASE、Stores.jp、Color MEショップ、などがあります。

それ以外にもカートだけの機能を提供しているサービスなど、
様々な選択肢があります。

ネットショップといえば、まず多くの方がイメージするであろうAmazonや楽天は、
出店や一商品ごとに費用(手数料)がかかります。

対して、BASEやStores.jpは手数料は無料ですが、
モール型のような集客力は無く、自身で集客を行う必要があります。

このように、一口にネットショップと言ってもそれぞれの形式ごとにメリットとデメリットが存在します。

モール型サイトのメリット

am

集客はモールがしてくれる

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングにおいては
その圧倒的なブランドネームによる集客力が大きなメリットとなります。

独自ネットショップであれば、そのショップに合った集客手段を考える必要がありますが、
モール型ECサイトであればそのモールが提供している集客サービスを使うことによって
簡単に集客を行うことができます。
わざわざ広告を出さなくても、Amazonなどのモールが大きな広告を出してくれています。
支払っている手数料の中に、広告費も入っているという意味もありますね。

そもそも購買意欲がある方がサイトを訪れるので、その集客力は大きなメリットと言えるでしょう。

購入者が信頼感をもちやすい

誰もが知っているモールでお客様はお買い物するわけですから、
やはり購入における心理的なハードルが下がります。

「Amazonで売っている商品なら大丈夫だろう」ということで
最初の心理的な壁がとっても低いんですね。

独自ネットショップでは、信頼感を構築するまでに多少の時間がかかりますが、
モール型ではその信頼を最初から担保してもらえるのです。

圧倒的なブランド力を持つモールに商品を出品しているわけですから
売れ筋の商品さえ置いておけば、それこそあっという間に売れていきます。

たとえ薄利の商品でも、数を売って、資金を回すことで
ビジネスを短期間で大きくすることが可能です。

モール型サイトのデメリット

出店料、手数料などのコストがかかる

出店する際に出店料がかかるモールもありますし、
多くのモールは月額利用料、そして売上に対する何%かの手数料を支払う必要があります。

売れた金額-仕入れ金額がまるまる手元に入ってくるわけではなく
手数料がかかると計算に入れて仕入れをして、運営をしていく必要があるのです。

ショップのブランド化が難しい

モール型サイトにショップを出店するデメリットには
「ショップにブランド力がつかない」ということもあります。

例えば、自社で商品を製造していてAmazonに「MAMA REVOLUTION」というショップを出店している場合でも
購入者は「MAMA REVOLUTION」ではなく「Amazon」
で買い物をしているという認識になっているのです。

また、モールでは、モール内の比較検討が容易にできますので、
同じ商品の、より低単価の商品が選ばれる傾向があり
ライバル店同士で値下げ合戦になってしまう危険もあるのです。

独自ネットショップのメリット

cm

出店費用を抑えることができる

出店料、月額利用料、売上に対するロイヤリティがかかるモール型と比べて、
独自ネットショップは割安な費用で開設することができます。

無料のサービスもありますのでモール型に比べて割安で運営することが可能です。

ブランドを構築することができる

独自ショップの場合、
お客さまは「あなたのネットショップで買い物をした」という認識をもって買い物をします。

つまり、モール型に比べてブランディングを効果的に行えるということであり、
関係性が強い優良顧客を増やしていくためには重要な要素です。

ブランド構築がしっかりできていれば、少しばかり単価をアップしたとしても、そのブランドを選んでくれますし、
リピートを購入を行ってくれやすくなります。
独自のブランドをより魅力的に作っていきたい場合は独自のネットショップをオススメします。

サイトのデザイン・カスタマイズができる

独自ネットショップサービスは、デザインや構成を自由に変更することができます。
なので、より洗練されたショップの印象をお客様に与えることができます。

もちろん中途半端なデザインだと、逆に不信感をもたせることになりますので
そこは注意が必要です。

独自ネットショップのデメリット

集客をする必要がある

独自ネットショップの大きなデメリットは、集客です。
ショップを開設しただけではお客様は来てくれません。

モール型ならモール内の検索、またはモールが提供しているモール内広告などから流入に繋がる動線はありますが、
独自ネットショップの場合は自ら試行錯誤していきながら集客を行っていく必要があります。

自らネットショップを一から作る必要がある

ネットショップ作成サービスを使う場合でも、
そのデザインや情報の登録などすべて自分で行う必要があります。

非常にセンスが問われる部分になりますが、自分の手で作り上げるという点では
やりがいのあるところだと思います。

独自商品の場合はある程度在庫を抱える必要がある

他社商品を仕入れて売る場合は、1個からでも仕入れ可能な商品もありますが
独自商品を制作して販売する場合は、最初にある程度のロットで
商品を作らなければならず、軌道に乗るまではそれが在庫となってしまいます。
ロット数を少なくすれば当然一商品あたりの単価も上がってしまうので

売れる数と作る数の見極めがとても大切になります。

独自ネットショップは、デメリットをなくすことで強さを増す。

ただ、オリジナル商品など利益率の高い商品を持っていらっしゃる場合には、
利幅が大きいわけですから、色々と広告や外注等使って
集客やデザイン・情報登録に資金を投じることが出来ますよね。

すると、『デメリットがなくなり、メリットがより強調されていく』
ここが独自ネットショップのポイントです。

まとめ

簡単に、モール型と独自のネットショップのメリットとデメリットを挙げてみました。

手間なく、短期に利益をあげたい場合はモール型、
多少時間をかけても、地道に強固なブランドを築きあげ
長期安定を目指していきたいという方は
独自ネットショップ型が向いていると思います。

それぞれに様々なサービスがありますので、
扱う商材やショップの将来を考えて出店を決めましょう。

ではまた。