こんにちは。高橋由奈です。

売りたいものがあって、それをセールスするために文章を書きたいのに
上手く書けない!

そうなってしまったとき(私もあります)

今回お伝えするQUESTフォーミュラ(の法則)に当てはめれば
確実に反応が得られるセールスレターやランディングページが書けるようになります。

QUESTフォーミュラとは

QUESTフォーミュラは、セールスレターやLPを書く時に、
この流れに沿って書いていくと読み手の心理に沿ったセールスレターやLP、ステップメールができあがるという型です。

この法則は「5つのステップ」から構成されており 、
「QUEST」とはそれぞれの頭文字を取ったものになります。

・Qualify(ターゲティング)
・Understand(理解・共感)
・Educate(教育)
・Stimulate(興奮)
・Transition(=Action)(行動)

それに続く、フォーミュラ(FORMULA)とは
「決まった言い回しや決まり文句」という解釈で、「定型文や雛形」と同じ意味をもちます。

非常によくできた型で、インターネット上で商品やサービスを販売したい場合には、
この法則に沿って販売していくと失敗がないと言われています。

では、それぞれの段階をみていきましょう

1.Qualify

Qualifyでは、見込み客になるターゲットを明確にすると同時に「相手の悩みや問題を解決する」ことを宣言します。
「あなたの〇〇という悩みは、私がこれで解決します!(できます)」
と、宣言するのがQualifyにあたります。

LP(ランディングページ)では、一番トップのヘッドコピーと呼ばれる部分がQualifyであり、
キャッチフレーズやスローガンなどの大きなタイトルだと思って頂ければ問題ありません。

メールマガジンであれば、
Qualifyは「悩みを持っている人や、何か特定の物を欲しいと思っている人」に対して、その欲求を解決してくれるという期待を抱かせる部分となります。

2.Understand

Understandは、「相手の悩みを理解し・共感する」という部分になります。

「あなたの悩みをなぜ理解できるのか?それは私も過去に同じ経験をしたことがあり・・・」

など、「実際に体験した事」を話すのが効果的です。

3.Educate

Educateは、自分が相手に紹介する商品やサービスが
悩みを抱えている人に対して、どれだけ役に立つものであるかを説明していくステップとなります。

教育ともいえますが、相手との信頼関係を構築していく段階にあたります。

この部分では
「実際に私もこの方法で実践しましたが〇〇という効果がありました。」など、
販売したい商品やサービスでどのような結果を得られたのかという
ベネフィット(得られる未来)を強調すると、より効果的です。

4.Stimulate

Stimulateは、読み手を興奮させる段階です。

悩みを抱えている人に対して、 その商品のベネフィットを提示して感情を高ぶらせる段階になります。

販売したい商品やサービスを購入したら、
「どのような未来が待っているか?」
を明確に伝えたうえで相手を興奮させます。

Educateの項目にも出てきましたが、
ベネフィットとは、その商品やサービスを得た後に待つ結果で、

例えば商品がダイエット食品などであれば
「これを食事の代わりに食べただけで、体重が3キロ減って、お肌の調子も良くなりました!」
など、商品やサービスを購入したら待っている結果(未来)のことです。

この商品を手に入れたらこんなに素晴らしい世界が待っています!という想像をさせ、欲求を煽って興奮させるのです。

5.Transition

最後のTransitionでは、
文章を読んでくれている人に対して、具体的にどういう行動をしてほしいのかを提示する部分にあたります。

お客様は、「ベネフィット」を伝えただけでは行動までは起こしてくれません。

なので「Transition(行動)」という、行動を起こしてもらうためのコピーライティングが必要なのです。
「この悩みを解消するにはこのような行動をしてください」
と明確に伝える事が重要になります。

まとめ

QUESTフォーミュラの「5つのステップ」は、人の心理と密接な関係があり
昔から変わることのない
「人が反応する普遍的な原理原則」です。

その普遍的な原理原則に沿って、
ステップ通りにLP(ランディングページ)やメールマガジンのステップメールを書いていけばセールスの成約率は飛躍的に上がる事は間違いありません。

QUESフォーミュラを正しく応用できるかできないかで、
情報販売でもアフィリエイトでもステップメールでも、売上は大きく違っていきますよ。


ではまた。