こんにちは。高橋由奈です。

スノッブ効果とは?人と違うものが欲しい、みんなが持っていないから欲しい

完全限定生産!世界に10足しかないスニーカーです!

ふと立ち寄ったお店で、手の届く価格のスニーカーをそんなふうにすすめられたら
別にスニーカーを買うために入ったのではなくても

ちょっと欲しくなったりしませんか?

スノッブ効果とは

先日、バンドワゴン効果とはという記事を書きました。

バンドワゴン効果は、販売実績や購入者の声などの情報を与えることで
「売れている→多くの人が持っている→安心できる」
「みんな持ってるから私も欲しい」
という心理の流れを自然に作り出してしまうというものです。

しかし、人はそれとは全く逆に

「みんなが持っていないから私は欲しい」

という心理も持っているんです。
それを「スノッブ効果」と言い、
バンドワゴン効果と同じ、アメリカの経済学者ハーヴェイ・ライベンシュタイン(Harvey Leibenstein)
が提唱しました。

みんなが持っていないから欲しい

上で挙げたスニーカーをの例のように、
希少性を感じたら欲しくなってしまったり、

カードゲームのレアカードを手に入れるために、沢山のお金を費やすなど

人は、「自分は特別でいたい」
という欲があるため、独占できる、周りの人に自慢できる、
ということに、高い価値を感じるんです。

人と被ると嫌だ

例えば、あなたが着ている洋服と
全く同じ服装の人を街で見かけたら

「何か恥ずかしい」
って思って、その人に近づかないようにそっと遠回りしたりしませんか?

この、「人と被ると嫌だ」という心理現象も、
スノッブ効果によるものです。

「スノッブ効果」と「バンドワゴン効果」を組み合わせると、爆発的な販売に繋がる

この、一見相反する「スノッブ効果」と「バンドワゴン効果」。
使い方によっては効果的に併用して販売に繋げることができるんです。

「そんなの矛盾してるじゃん!」

って思うかもしれませんが、実はちょっとした言い方ひとつで
組み合わせることができます。

要するに、スノッブ効果による希少性を与えつつ
バンドワゴン効果による心理現象も発生させるのです。

バンドワゴン効果の「利用者や購入者が多いほど安心する」という心理現象と
スノッブ効果の「人と同じものは持ちたくない」という希少性を欲する心理現象。

それを併用しているのが、下記のような文章です。

 販売開始から僅か1日で1000個が完売し、
 その後も予約申し込みが5000件以上殺到していたこちらの痩身クリームですが…

 メーカーへの交渉により
 急遽100個限定で入荷いたしました!

 次回入荷は未定となります!お早めにお求めください!!

この文章では

 販売開始から僅か1日で1000個が完売し、
 その後も予約申し込みが5000件以上殺到していたこちらの痩身クリームですが…

の部分で「みんなが購入しているから安心」というバンドワゴン効果を作用させつつ、

 メーカーへの交渉により
 急遽100個限定で入荷いたしました!

 次回入荷は未定となります!お早めにお求めください!!

という部分で、スノッブ効果による希少性を与えています。

見事に2つの欲を刺激していますね。

「すぐに売り切れてしまうほど人気で、なかなか手に入らない」

そんな現象を演出することが出来れば
人はより、その商品やサービスに対して必然的に購買意欲を掻き立てれるのです。

これは、セールスレターなどで
インターネットビジネス全般に活用していくことが出来ますので
ぜひ活用してみてください。

まとめ

人は「限定」というものに弱いです。

その心理をうまく使った効果が「スノッブ効果」。
バンドワゴン効果と組み合わせて

ぜひ、活用してみてくださいね。

ではまた。