happy family. mom and baby. a young mother working with laptop at home

こんにちは。高橋由奈です。

「あなたの強みってなんですか?」と聞かれてズバッと答えられますか?

「あなたの強みってなんですか?」
「あなたの価値ってなんですか?」
って聞かれて、ズバッと答えられますか?

情報発信をしようとしたときに、
この
「強み」とか「価値」って
とっても大切になってくるんですけど

自分の強みって何だろう、って考えたとき
それがズバッと出てこない人って
多いんじゃないかなって思うんです。

情報発信したいんだけど、何を発信していいか分からない。

または、
発信すること(もの)が無いから、情報発信できない。

「わたしなんて、何ももってないし。」

そうおっしゃる方。

「まずは、実績をきちんと上げてから、
情報発信をしようと思います。」

そうおっしゃる方。

それって、とっても勿体無いことなんですよ。

強みはみんなが持っている

情報発信をするには
ずば抜けた何かがないとダメだって思っている人が多いんですが、

そんなことなんてないんです。

例えば、貴方が物販ビジネスを始めて2ヶ月という
自分では「初心者中の初心者」
だと思っている方の場合。

でもそれは、物販を
「始めている」
「2ヶ月も実践している」
という、きちんとした実績があるんです。

物販の「始め方」「どうやって2ヶ月実践して来れたのか」

そういったことは、
「物販やろうかな。でもまだ始める踏ん切りがつかないな」

っていう人から見たら、
立派にその道の先輩、先生であるんです。

もちろん物販でなくてもおんなじです。


要するに、
ほんのちょっとしたあなたの特技や経験は、

相手によってはすごいメリットに
なる可能性があるということなんです。


こう考えてみると、
自分の中に情報発信できるものって、

意外とあるものなんじゃないでしょうか?

見つからなかったら、自分で探そうとしないで

それでももし、「強み」が見つからない!って悩むのなら
「私の強みって何?」って
あなたの周りの人に聞いてみてください。

きっと、あなたの思いもよらない答えが返ってくるんじゃないでしょうか。

「ああ!私にはそんな強みがあったんだ」

って気づけたらシメたものですよ。

では。また別の記事で。